大学院案内guide

大学院案内

弘前大学教育学研究科では、より高度な資質を持った教員や、教育的な立場や視点から地域社会の発展に貢献できる人材の養成を目的としています。

教育学研究科とは

「学校教育専攻(修士課程)」及び「教職実践専攻(教職大学院)」の2専攻で構成され、より高度な資質を持った教員や、教育的な立場や視点から地域社会の発展に貢献できる人材の養成を目的としています。

「学校教育専攻」は、教育学部の教職及び教科専門に関わる専門教育を基礎として、教育科学、教科教育及び特別支援教育について、精深な教育研究を行うとともに、高度な教育実践の資質能力を備えた教育・臨床プロフェッショナルを養成します。学校教育専攻を修了すると修士(教育)の学位が授与されます。
また、すでに小学校・中学校・高等学校教諭及び特別支援学校教諭の一種免許状を持っている場合には、それぞれの専修免許状を取得することができます。

「教職実践専攻」は、理論と実践との往還・融合を通じた省察をもとに、青森県が直面する教育課題の解決をめざした教育実践を創造し、リードしていく教員を養成する場です。そこには、教員に求められる4つの力(自立的発展力・課題探究力・省察力・協働力)を養成するカリキュラムが用意されています。現職教員院生の「ミドルリーダー養成コース」と学部卒院生の「教育実践開発コース」があり、修了すると教職修士(専門職)の学位が授与され、また専修免許状を取得することができます。平成29年4月に開設された新しい教職大学院です。
なお、青森県の教員採用試験に合格した教職大学院進学予定者及び在学中の採用候補者に対して、教職大学院を修了し、かつ合格した出願区分の校種・教科(科目)の専修免許状を取得することを条件に、最大2年間(在学中の者は1年間)採用を延期できる特例措置が青森県教育委員会から認められています。

弘前大学 教育学研究科 概要

開設にあたっての教育学研究科長からのご挨拶

弘前大学大学院教育学研究科長 戸塚 学

今年の4月、青森県教育委員会の連携協力を礎に本学教育学研究科に教職大学院である教職実践専攻を開設することができました。第1期生として、現職教員院生8名、学部卒院生10 名の計18 名を迎え、16 名の専任教員と教育学研究科をはじめ学内の5研究科3研究所の兼任教員とともに、オール弘前大学体制で教職大学院の新たな歴史を拓きました。

本学では、教職大学院設置の理念である「理論」と「実践」との往還・融合による教育課題解決力のブラッシュアップを、大学院生と教職員スタッフが一つのチームになって実現可能にします。院生個々のキャリアのバックグラウンド、そして教育課題設定は異なるものの、豊富な実務経験を有する教員や最先端の実践研究に取り組む教員が、あるときはコーチとなり、また、あるときはベテラン選手となり、中堅選手である現職教員院生やルーキーである学部卒院生とともに、日夜、教育課題の解決に向け切磋琢磨しています。その姿は、あたかも教員養成の最強チームを目指す姿に例えることができましょう。

これからの学校教育は、学校内はもちろんのこと、地域の方々の連携を含めたチームとしての機能性が重要視されます。本教職大学院では、それぞれの組織における各世代のリーダーとして活躍できる人材を育成します。皆さんも、是非、われわれのチームに加わりませんか。岩木山の麓、すばらしいフィールドを準備してお待ちしております。

教育への情熱が生まれる学びの場

専攻紹介

教職実践専攻(教職大学院)

教職実践専攻(教職大学院)

校内研修、教材開発等において、創造的に課題に取り組むことを中心となって行うミドルリーダーの養成、教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を備えた若手教員の育成

目的と特色
カリキュラム体系
ミドルリーダー養成コース
教育実践開発コース

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育学向上プロジェクト