カリキュラム体系curriculum

カリキュラム体系

教職実践専攻(教職大学院)のカリキュラムについてご紹介しています。

ミドルリーダー養成コース

校内研修、教材開発等において、創造的に課題に取り組むことを中心になって行うミドルリーダーの養成
ミドルリーダー養成コース

教育実践開発コース

教育実践開発コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を備えた若手教員の育成
教育実践開発コース


カリキュラム体系

カリキュラム体系

理論と実践の往還・融合

1.実習科目 必修10単位

ミドルリーダー養成コース
  • 実習 ⅠA-1.A-2(課題把握)
  • 実習 ⅡA(仮説形成)
  • 実習 ⅢA(課題検証)

連携協力校、教育関連施設等での実習を通じて、課題の把握と仮説形成を行い、勤務校での課題解決の追究・検証を行う

教育実践開発コース
  • 実習 ⅠB-1.B-2(課題把握)
  • 実習 ⅡB(仮説形成)
  • 実習 ⅢB(課題解決研究)
  • 実習 ⅣB(課題解決検証)

連携協力校を中心とした恒常的実習等を通じて、自己課題解決のため方策について実践・検証を行う

2.教育実践研究科目 必修4単位

共通科目
  • 教育実践研究方法(教育実践研究Ⅰ)
  • 教育実践研究Ⅱ
  • 教育実践研究Ⅲ
  • 教育実践研究Ⅳ

「教育実践研究Ⅳ」で総合的な結果を成果発表にまとめ、『学習成果報告書』及び『教育実践研究発表会』において公表

3.基礎科目 必修20単位

1.教育課程の編成・実施に関する領域
  • 教育課程編成をめぐる動向と課題
  • 教育課題の開発と実践
2.教科等の実践的な指導方法に関する領域
  • 学びの様式と授業づくり
  • 教科領域指導研究
3.生徒指導、教育相談に関する領域
  • 生徒指導の理論的視点と実践的視点
  • 教育相談の理論と方法
4.学級経営、学校経営に関する領域
  • 学校安全と危機管理
  • 教育経営の課題と実践
5.学校教育と教員の在り方に関する領域
  • 教育における社会的包摂
  • 現代の学校と教員をめぐる動向と課題

4.独自テーマ科目 必修4単位

地域の教育課題の解決に必要な知識とその実践方法について理論的に学ぶ
(県教委からの要望科目)

  • あおもりの教育Ⅰ
  • あおもりの教育Ⅱ

5.発展科目 選択8単位以上(コース別科目から6単位以上選択)

ミドルリーダー養成コース
  • 学校の地域協働と危機管理
  • 学校教育と教育行政
  • 教職員の職能成長
  • 協働的生徒指導のマネジメント
  • 地域教育課題研究
    (教育課程編成・教材開発)
  • 教育法規の理論と実践
  • 学校保健のマネジメント
  • 学校安全と事故防止
  • 養護実践課題解決研究(発展)
教育実践開発コース
  • 教科領域の理論と実践
  • 教育実践課題解決研究
  • 実践的教育相談の課題と展開
  • 教育における社会的包摂の課題研究
  • 地域教育課題研究(授業づくり)
  • 幼児児童教育の理解
共通科目
  • 教科領域指導研究(発展)
  • 養護実践課題解決研究
  • 特別支援教育の教育課程の実践と評価

授業風景


「教育における社会的包摂」授業風景

「青森の教育(環境)」授業風景

「学校安全と事故防止」授業風景

「教育課程編成をめぐる動向と課題」授業風景

「教育課程の開発と実践」授業風景

「教育相談の理論と方法」授業風景

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育学向上プロジェクト