教育実践開発コースeducation development

教育実践開発コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員を養成します。

対象 4年制大学を卒業もしくは3月末までに卒業見込みで、 教員免許状を取得もしくは3月末までに取得見込みの者
教員像 教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員

実習の概要

到達目標

(1)1年次前期

連携協力校における事実の収集と分析の仕方を学ぶ実習、週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習及び数日間連続で行う集中実習での教育活動全般に関わる実践と事実の収集を通して、自己課題を把握できる。

(2)1年次後期

週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習を通して把握した研究課題の解決のための仮説を設定し、解決に向けて実践できる。

(3)2年次

自己の研究課題解決のための取組の省察を通して、仮説を設定し直したり検証しつつ改善を加えたりするという研究的な手法を使った実践力を向上のための方法を習得する。

実習モデル

教育実践開発コース 実習の流れ

実習の様子

平成29年度
実習ⅠB-1 事実の収集の仕方を学ぶ実習(附属学校園、県立学校)

附属小学校

附属幼稚園

附属特別支援学校

弘前高校
実習ⅡB 学校フィールド実習(連携協力校)

小学校6学年 外国語活動

中学校1学年 社会科

高等学校2学年 現代社会

所属学生からのメッセージ

平成30年度入学 浦田 夏輝

弘前大学 教育学部 養護教論養成課程 学生メッセージ

私は他大学の理学部から弘前大学教職大学院に来ました。理学部在学時、教職の授業や教育実習に真剣に取り組んでいましたが、このままの自分の知識や実力で教員として働いていくことに不安を感じていました。そこで教職大学院で、より実践的な経験と専門的な知識を身につけるために進学を決意しました。

授業面では、みんなが分かっている専門用語が分からず、とまどうことも多々ありましたが、授業中にディスカッションの時間が多く設けられているため、その都度わからないことを聞いたり意見を出し合ったりしながら授業が進んでいき、毎回の授業が自身の学びになっている実感が湧きました。実習面では、1年を通して実習校にお世話になることで、学級経営などの授業実践以外に教員として必要な資質・能力を実践的に学ぶことができます。他学部出身者も快く受け入れてくれる仲間や教授の方々に囲まれてとてもいい環境で学習できています。

平成30年度入学 山田なつみ

弘前大学 教育学部 養護教論養成課程 学生メッセージ

私は、他大学からこの弘前大学教職大学院に入学しました。入学当初は、どのような環境で、どのような勉強をするのかもわからず、不安でいっぱいでした。しかし、優しい先生方や先輩方、ノリのいい仲間に恵まれ、とても良い環境で充実した日々を送っています。

授業では、事例検討や学校安全、学校経営など、学部では経験できない授業から、専門的な知識を身に付けることができています。実習では、授業づくりや子どもとの関わり方に試行錯誤しながらも、よい経験をさせていただいています。授業や実習が、教師になるための自信になっています。また、ミドルリーダーの先生方と一緒に学べる環境や日々の会話からも多くの気付きがあります。さらに、同期である仲間と授業のことで話し合ったり、休日に出かけたりすることで濃い1年間を過ごすことができています。

平成29年度入学 斗澤 晴加

弘前大学 教育学部 養護教論養成課程 学生メッセージ

私が教職大学院の進学を決めたのは、教育学部在籍時の教育実習がきっかけでした。実習を終えて、教師になりたいという思いは強くなっていましたが、一方で自分の教師としての実力不足を感じていました。そのため、教師としての資質・能力を高め、自信を持って教職へ就きたいと思い進学を決めました。

教職大学院の授業では、実際の現場に即した授業が行われています。そこでは、現職の先生方が実際に経験した事例から学ぶため、より実践的に学ぶことができます。また、現職の先生方と学ぶことで新た視点に気づくことができました。

そして、授業以外の時間も教員採用試験の対策を行ったり、現職の先生方から実際の現場の話を聞いたりできるため、教師を目指す人にとって最高の環境になっていると思います。

募集定員

人数 8名程度
試験内容 学力検査として「筆記試験」「口述試験(模擬授業を含む)」を課す

※試験の詳細については、入試課HPをご覧下さい。

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育学向上プロジェクト