教育実践開発コース【令和2年度より3コースに改組】

教育実践開発コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員を養成します。

対象 4年制大学を卒業もしくは3月末までに卒業見込みで、 教員免許状を取得もしくは3月末までに取得見込みの者
教員像 教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員

実習の概要

到達目標

(1)1年次前期

連携協力校における事実の収集と分析の仕方を学ぶ実習、週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習及び数日間連続で行う集中実習での教育活動全般に関わる実践と事実の収集を通して、自己課題を把握できる。

(2)1年次後期

週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習を通して把握した研究課題の解決のための仮説を設定し、解決に向けて実践できる。

(3)2年次

自己の研究課題解決のための取組の省察を通して、仮説を設定し直したり検証しつつ改善を加えたりするという研究的な手法を使った実践力を向上のための方法を習得する。

実習モデル

教育実践開発コース 実習の流れ

実習の様子

2019年度
実習ⅠB-1 事実の収集の仕方を学ぶ実習(附属学校園)

附属中学校

附属小学校
実習ⅠB-2 学校フィールド実習・集中実習(連携協力校)

小学校3学年 国語
実習ⅡB 学校フィールド実習(連携協力校)

中学校1学年 数学

中学校2学年 数学

所属院生からのメッセージ

2019年度入学 一戸 萌里

弘前大学 教育実践開発コース 院生メッセージ

 私は、他大学から弘前大学教職大学院に入学しました。学部時代の教職課程や実習でやりがいや楽しさを感じることができましたが、教科指導や生徒指導、学級を束ねていくことに未熟さを感じていました。目の前の子供のために「できること」を増やし、自信をもって教壇に立ちたいという思いから進学を決めました。

 講義では現職の先生方や他校種•他教科の教員を志望する院生と学ぶことで多様な考えを知ることができました。1年前期は講義が多く正直大変でしたが、その分繰り返し学ぶことも多く、学んだことが結びついていく感覚がありました。それらが積み重なったことで、これまでなかった新しい指導観に出会えるような、とても深い学びでした。

 フィールド実習では、年間を通して教育活動全体に関わらせていただいたことで、短期的な目標、長期的な目標を見据えることができるようになりました。より俯瞰的に子供たちを見つめ、必要な手立てを考えることにつながったと思います。

 自分の課題にぶつかることもありますが、主体的に取り組んだ分だけ教師に必要な力を備えていくことができる、そのような環境が整っていると思います。

 最後に、目の前の子供やその状態は変化に富んでいると考えます。昨今のような変化の激しい時代において、未知の状況にも対応できる教師となるため、残り1年このような視点からも教育について学んでいきたいです。

2019年度入学 古川 弘基

弘前大学 教育実践開発コース 院生メッセージ

 私は、本学部の国語科から進学しました。教職大学院への進学を考えたきっかけは2つあります。1つは教員採用試験で結果が実らなかったことと、もう1つは、4年次の実習等で実感した授業研究の奥深さと自身の指導力の圧倒的な至らなさです。教壇に立つ自信も、現場に出てもまれようという踏ん切りもつかなかった私は、自分と向き合う中で足りないものを探る時間が必要だと感じ、大学院で学び続ける決意をしました。両親には「結果は出す。あと2年学ばせてほしい。」と頭を下げて、進学することを認めてもらいました。

 大学院での学びは、「理論と実践の往還」を大切にしていて、学んだ翌日に現場に生かせるようなエッセンスが詰まっています。学部の実習との大きな違いは、研究の視点をもって子供たちにかかわっていることだと思います。そうした中で「気付く」ことがたくさんあり、様々なことが「よく視える」ようになりました。大学院の講義で学んだ理論的な視点は、実習に行った時には度の合ったメガネのように様々なものが見えるようになり、省察をより深いものにしてくれました。

 また、実践研究においては、学部生の時にお世話になった先生が相談に乗ってくださり、つながりのありがたさをとても感じています。大学院生全員を、教員全体で見ていくという温かい雰囲気も大きな魅力だと思います。

 今では現場に立ちたいという思いがあふれています。ここでの学びを、これから出会う子供たちのために、役立てていこうと思います。

令和2年度より3コースに改組

学校教育実践コース
教科領域実践コース
特別支援教育実践コース

募集定員

人数 10名程度
試験内容 学力検査として「筆記試験」「口述試験(模擬授業を含む)」を課す
※試験の詳細については、入試課HPをご覧下さい。

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育力向上プロジェクト