大学院案内guide

大学院案内

弘前大学教育学研究科では、より高度な資質を持った教員や、教育的な立場や視点から地域社会の発展に貢献できる人材の養成を目的としています。

教育学研究科とは

「学校教育専攻(修士課程)」及び「教職実践専攻(教職大学院)」の2専攻で構成され、より高度な資質を持った教員や、教育的な立場や視点から地域社会の発展に貢献できる人材の養成を目的としています。

「学校教育専攻」は、教育学部の教職及び教科専門に関わる専門教育を基礎として、教育科学、教科教育及び特別支援教育について、精深な教育研究を行うとともに、高度な教育実践の資質能力を備えた教育・臨床プロフェッショナルを養成します。学校教育専攻を修了すると修士(教育)の学位が授与されます。
また、すでに小学校・中学校・高等学校教諭及び特別支援学校教諭の一種免許状を持っている場合には、それぞれの専修免許状を取得することができます。

「教職実践専攻」は、理論と実践との往還・融合を通じた省察をもとに、青森県が直面する教育課題の解決をめざした教育実践を創造し、リードしていく教員を養成する場です。そこには、教員に求められる4つの力(自立的発展力・課題探究力・省察力・協働力)を養成するカリキュラムが用意されています。現職教員院生の「ミドルリーダー養成コース」と学部卒院生の「教育実践開発コース」があり、修了すると教職修士(専門職)の学位が授与され、また専修免許状を取得することができます。平成29年4月に開設された新しい教職大学院です。
なお、青森県の教員採用試験に合格した教職大学院進学予定者及び在学中の採用候補者に対して、教職大学院を修了し、かつ合格した出願区分の校種・教科(科目)の専修免許状を取得することを条件に、最大2年間(在学中の者は1年間)採用を延期できる特例措置が青森県教育委員会から認められています。

弘前大学 教育学研究科 概要

開設にあたっての教育学研究科長からのご挨拶

弘前大学大学院教育学研究科長 福島 裕敏

今年4月、弘前大学教職大学院(教育学研究科教職実践専攻)は、教員養成・教員研修の新たな可能性を求めて、次のステージへの一歩を踏み出すことになりました。これまでの2コース制(ミドルリーダー養成・教育実践開発コース)から4コース制(ミドルリーダー養成・学校教育実践・教科領域実践・特別支援教育実践コース)になり、特別支援教育・インクルーシブ教育システムや各教科教育に関する授業科目が新設され、養護専門教育や教育学・心理学に関する科目も増設されました。また新たに30名を超える専任教員が加わり、これまで16名の専従教員と学内の5研究科3研究所の兼任教員から構成されていたオール弘大体制も強化されました。こうしたカリキュラム・組織改革により、理論と実践との往還・融合を通じて、教員に求められる4つの力、「自律的発展力」「協働力」「課題探究力」「省察力」のさらなる向上を目指していきたいと思います。

さて、新型コロナウイルス感染拡大への対応として非常事態宣言が出される中、新たな一歩を踏み出すこととなりました。これまで当たり前(所与)と思ってきた様々なことがらが成り立たなくなる中で、自分・他者・世界のあり方、ひいてはその前提となる価値について、様々な角度から見つめ直していくことが求められています。前期の授業等がメディア教育のみとなり、教職大学院の持ち味である「協働力」「課題探究力」を十分に発揮できない状況にありますが、様々なヒト・モノ・コトとの出会いを通じて「自律的発展力」と「省察力」を磨き、新たな自分と他者との出会い、そして世界の創造へと向かう足場を築いてほしいと願っています。青森県をはじめとする教育課題の解決に向けた教育実践を創造しリードする教育プロフェッショナルを目指す皆さんとともに、セカンドステージを築いていきたいと思っています。

教育への情熱が生まれる学びの場

専攻紹介

教職実践専攻(教職大学院)

教職実践専攻(教職大学院)

校内研修、教材開発等において、創造的に課題に取り組むことを中心となって行うミドルリーダーの養成、教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を備えた若手教員の育成

目的と特色
カリキュラム体系
ミドルリーダー養成コース
教育実践開発コース

学校教育専攻

学校教育専攻

学校教育専攻は募集を停止しました。

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育力向上プロジェクト