学校教育実践コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員を養成します。

対象 4年制大学を卒業もしくは3月末までに卒業見込みで、 教員免許状を取得もしくは3月末までに取得見込みの者
教員像 教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員
特に学校教育・教育方法・生徒指導・生徒理解及び教科外教育についての確かな専門力を持つ若手教員

実習の概要

到達目標

(1)1年次前期

連携協力校における事実の収集と分析の仕方を学ぶ実習、週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習及び数日間連続で行う集中実習での教育活動全般に関わる実践と事実の収集を通して、自己課題を把握できる。

(2)1年次後期

週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習を通して把握した研究課題の解決のための仮説を設定し、解決に向けて実践できる。

(3)2年次

自己の研究課題解決のための取組の省察を通して、仮説を設定し直したり検証しつつ改善を加えたりするという研究的な手法を使った実践力を向上のための方法を習得する。

実習モデル

学校教育実践コース 実習の流れ

実習の様子

※現在準備中です

所属院生からのメッセージ

2020年度入学 佐藤絢音

院生メッセージ 2020年度入学 佐藤絢音

 教職大学院に入学し約半年が経ちましたが、毎日が新しい学びの連続で充実した時間を過ごしています。初めは、コロナウイルスの影響により対面での授業が叶わなかったため授業についていけるかなどの不安もありました。しかし、半年間を振り返ると、オンライン授業を行える環境を先生方が作ってくれたおかげで安心して臨むことができました。また、新しい仲間と共に切磋琢磨しながら学びを深めたり、ミドルリーダー養成コースの先生方からの貴重な体験談を聞いたりすることで、教員になる期待もとても膨らんでいます。授業の中では、青森県の抱えている教育課題に触れたり、実際にあった事例をもとに他校種の教員を目指す院生や現職の先生と考察をしたりすることで様々な視点をもちながら学ぶこともできました。

 これからも、学べる環境に感謝しながら、青森県で活躍できる教師となれるように仲間と共に頑張っていこうと思います。

2020年度入学 鳥山純大

院生メッセージ 2020年度入学 鳥山純大

 私の院生としての抱負は「一歩ずつ進む」ということです。院生になってからこれまでを振り返えると、自分の未熟さをひしひしと感じるとともに、この未熟さは一朝一夕では改善できないとも感じました。理論の面でも実践の面でも、これから一つずつ精進していきたいと思います。ですがそんな私でも、この教職大学院において様々な学びを得ることができました。特に講義で学んだ内容を教育実習に生かし、そうして行った教育実習での実践を次の講義に役立てていく、という往還は現在の私の小さな自信にもつながっていると感じます。今ここでしかできない学びの重要性を自覚し、今後も「一歩ずつ進む」ことによって、自身の思い描くよりよい教育者を目指していこうと思います。

令和2年度より3コースに改組

学校教育実践コース
教科領域実践コース
特別支援教育実践コース

募集定員

人数 10名程度
試験内容 学力検査として「筆記試験」「口述試験(模擬授業を含む)」を課す
※試験の詳細については、入試課HPをご覧下さい。

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育力向上プロジェクト