教科領域実践コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員を養成します。

対象 4年制大学を卒業もしくは3月末までに卒業見込みで、 教員免許状を取得もしくは3月末までに取得見込みの者
教員像 教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員
特に教科領域教育についての確かな専門力を持つ若手教員

実習の概要

到達目標

(1)1年次前期

連携協力校における事実の収集と分析の仕方を学ぶ実習、週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習及び数日間連続で行う集中実習での教育活動全般に関わる実践と事実の収集を通して、自己課題を把握できる。

(2)1年次後期

週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習を通して把握した研究課題の解決のための仮説を設定し、解決に向けて実践できる。

(3)2年次

自己の研究課題解決のための取組の省察を通して、仮説を設定し直したり検証しつつ改善を加えたりするという研究的な手法を使った実践力を向上のための方法を習得する。

実習モデル

教科領域実践コース 実習の流れ

実習の様子

※現在準備中です

所属院生からのメッセージ

2020年度入学 澤田有里

院生メッセージ 2020年度入学 澤田有里

 私は本学部の保健体育科から進学しました。学部時代に行った実習で、教師になりたいという思いが一層強まったと同時に、自分の実力不足を痛感したことから教職大学院への進学を決めました。

 教職大学院で私が一番魅力を感じていることは、現職の先生方と一緒に学ぶことができるということです。生徒の様子や授業スキル、校務分掌などについて生の声をたくさん聞くことができ、大変勉強になりました。また、教科領域実践コースでは自分の専門科目に関する講義を受けることができ、学部の先生方からも専門的な知識や技能を学ぶことができました。1年前期は授業多くてとても大変でしたが、現場で生かすことができる内容ばかりで充実した半年にすることができました。

 また、前期の実習は観察がメインでしたが、自己の研究を見据えて、子どもたちの実態把握をしたり、授業における手立てや工夫を考えたりするなど、目的を持って取り組むことができました。

 難しいことや大変なこともたくさんありますが、励まし合える同期や、アドバイスしてくださる先輩方や先生方のおかげで楽しく過ごすことができています。これからも多くのことを吸収して、現場で生かせるように学び続けていきたいと思います。

令和2年度より3コースに改組

学校教育実践コース
教科領域実践コース
特別支援教育実践コース

募集定員

人数 10名程度
試験内容 学力検査として「筆記試験」「口述試験(模擬授業を含む)」を課す
※試験の詳細については、入試課HPをご覧下さい。

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育力向上プロジェクト