教科領域実践コース

教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員を養成します。

対象 4年制大学を卒業もしくは3月末までに卒業見込みで、 教員免許状を取得もしくは3月末までに取得見込みの者
教員像 教育課題に対応するための理論と事実に基づいた確かな実践力・省察力を持つ若手教員
特に教科領域教育についての確かな専門力を持つ若手教員

実習の概要

到達目標

(1)1年次前期

連携協力校における事実の収集と分析の仕方を学ぶ実習、週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習及び数日間連続で行う集中実習での教育活動全般に関わる実践と事実の収集を通して、自己課題を把握できる。

(2)1年次後期

週1日教員と同じように教育活動に取り組む連携協力校での学校フィールド実習を通して把握した研究課題の解決のための仮説を設定し、解決に向けて実践できる。

(3)2年次

自己の研究課題解決のための取組の省察を通して、仮説を設定し直したり検証しつつ改善を加えたりするという研究的な手法を使った実践力を向上のための方法を習得する。

実習モデル

教科領域実践コース 実習の流れ

実習の様子

※現在準備中です

所属院生からのメッセージ

2021年度入学 教科領域実践コース2年 三浦 峻敬

院生メッセージ 2021年度入学 教科領域実践コース2年 三浦 峻敬

私は県外の大学を卒業してこの教職大学院に進学しました。学部4年次に、このまま県外に残るか、地元青森に戻るのか、教師として学校で子供たちと関わるのか、違う形で教育に携わるのか、様々に悩んでいた私にとって、自分自身と将来を見つめ直すためにも、2年間の教職大学院への進学を決めました。理学部の卒業であったため、教育学部の講義や実習も初めてであり、学校教育を中心に考えられた環境の中での学生生活は非常に新鮮でした。

1年間教職大学院に在籍して、私が特に感じたことは、共に学ぶ仲間の存在と大学院ならではの実習です。教職大学院では、他校種他教科を志望する院生と同じ教室で学び、同じ研究室で過ごします。そのため、講義でのグループ協議や普段の会話の中で、様々な視点からの考えがあふれていて、とても刺激を受けています。また、ミドルリダー養成コースの先生方の存在も非常に大きく、学生ではなかなか経験できない保護者との関わりや特別支援等の話の他、様々な経験談を聞くことができたり、グループ協議の際には現場の視点から現実的な意見や理想論で終わらない鋭い考察を伝えてくれたりと、貴重な学びを頂いています。実習では、半年以上同じ学校に関わることができるため、数週間の実習では見えない学校の運営の様子や子供たちの変化を直接見ることができ、非常に貴重な経験ができていると感じています。

残り1年の大学院生活ですが、まだまだ初心を忘れず、様々な成長の機会に食らいつく精神で臨みたいと思います。大学院の先生方には、このご時勢の中でも私たち院生の学びを継続するために様々に検討して頂き、とても感謝しております。教職大学院での学びを活かし、将来教師として、学校教育に関わる身として、子供たちの成長を支えられる存在になる決意です。

募集定員

人数 10名程度(学校教育実践コース・教科領域実践コース・特別支援教育実践コース合わせて)
試験内容 学力検査として「筆記試験」「口述試験(模擬授業を含む)」を課す
※試験の詳細については、入試課HPをご覧下さい。

関連ページ

弘前大学 教育学部 附属施設 弘前大学 教育学部 教育力向上プロジェクト